FXで勝つための知識や技を紹介しているブログです。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、FX業界で話題になっている証拠金倍率(レバレッジ)規制ですが、GCIキャピタルが緊急アンケートを実施したようです。




GCIキャピタルは13日、FXの証拠金倍率(レバレッジ)規制に関する緊急アンケートの調査結果をまとめた。同調査は1日から8日までの間、WEBページに掲載された質問票によるアンケート調査を実施し、411件の有効回答を得た。有効回答率は88.6%。


今回のアンケートは4月24日、日本経済新聞で「金融庁が投機的取引を抑制するため、レバレッジの上限を20~30倍前後とする方向で調整する」との報道が突如流れ、FX業界を中心に波紋が広がったことを受けてのもの。FX取引における証拠金倍率(レバレッジ)の上限を20~30倍前後とする規制について、回答者の84.7%が「反対」を表明した。ただし、運用額が20万円未満の回答者は「反対」が90.8%を占める一方で、運用額が大きくなるほど「反対」の割合が低下する傾向にあり、500万円以上の場合、「反対」の割合は76.6%まで低下した。


引用元:金融庁のレバレッジ規制、実施されたらどうする…?


証拠金倍率(レバレッジ)の上限を20~30倍前後とする規制について、回答者の84.7%が「反対」という圧倒的な差が出ました。私も規制することは反対です。


低スプレッド、高レバレッジが主流が当たり前になってきたのに今、レバレッジを規制することでFXの熱が冷めるからです。レバレッジを規制することによってFX市場が縮小していくでしょう。


FX市場が縮小してしまうと一段と淘汰が進み体力のないFX業者はなくなっていくと思います。なので財務的に不安があるFX業者からは資金を引き上げ、資金力のあるFX業者に乗り換えた方が無難だと思います。


資金力があるFX業者
マネーパートナーズ(親会社:楽天)
FXプライム(親会社:伊藤忠)
外為どっとコム(口座数、預かり残高No.1)


人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。